Tokyo Green

No Mountain , No Life.

蓼科山 100点満点

約 3 分

登山サークルTokyo Greenの登山ブログです!今回は1月下旬に登頂した蓼科山です!
赤岳登頂よりも前に、蓼科山を先にアップします!

当初唐松岳を予定していたものの、悪天候が予想されたので急遽蓼科山へと
変更した今回の山行。私は、冬の八ヶ岳をどうやら結構堪能しているようで、
今回もテンションはとても良いです。先週の赤岳では北アルプス側だけ雲で覆われていたので、
今日はその見れなかった分を補えるかを、とても期待していました。

雪道の車の運転が慣れていないので、茅野駅まで車で行きそこからタクシーを予約。
タクシー乗車中はドライバーの方と会話していましたが、長野のタクシーは全部2WDらしいです(笑)
四駆買ってあげて!
と同情しちゃいましたが、凍結も無く登山口に到着。やはり6時はまだ寒い、
トイレ待ちの間でも結構辛いです・・・

登り始めから少しずつ空が明るくなり、雲が1つも無いことに気が付きます!
もう100点が確定した今回、これでメンバーから付けられた「幹事の呪い」の汚名から払しょくできる!と確信。

視線の先はどこでしょうか?
視線の先はどこでしょうか?

進行方向右手には赤岳などの八ヶ岳主峰、高度を上げて振り返ると中央アルプスや
甲斐駒がチラっと見えてきます。メンバーの方に途中でプチラッセル訓練をして頂いたり、
とても充実。ただ時折吹く風が赤岳の時よりも冷たく感じ、足の寒さが結構きました。

蓼科山山頂!真っ白!
蓼科山山頂!真っ白!

しかし、数時間を経て全く曇らない青空の下、山頂に到達すると360度の展望が最高!
先週見ることができなかった北アルプスの、北は後立山から南は御嶽山まで、ハッキリと視界を捉えました!

北アルプスあけましておめでとうございます!
北アルプスあけましておめでとうございます!

これで、今年は八ヶ岳に登る事はもしかしたら無いだろう、この時はそう思いましたが、
3月にスノーハイクと称してもう1回赤岳鉱泉でステーキを食べる計画を考えている、2月の私でございました。

先週登った赤岳がよく見えます
先週登った赤岳がよく見えます

コメント投稿欄

*
*
* (公開されません)

Comment On Facebook