Tokyo Green

No Mountain , No Life.

尾瀬 自然も魚も旬が大事です

約 3 分

登山サークルTokyo GreenのブログGreenの日々。今回は尾瀬を散策というゆったりまったりした企画を行いました。
尾瀬はみなさん音楽の教科書でもよくご存知だと思いますが、群馬・福島の県境に位置します。
尾瀬ヶ原の両端には、至仏山と燧ヶ岳が対極にそびえ、一層尾瀬の壮大さを味わえます。

今日は10月に入会を希望される方を含めて8名、久しぶりにレンタカーでアルファードを借りて運転します。
これだけ大きい車だと内輪差とか若干気にしたくなりますが、後部座席の方の安定感が運転席からも分かるほど、ブレが少なくとても楽です。欲しくなりましたが、買えるのは当分先ですね・・・

尾瀬ヶ原

朝の関東平野は快晴、前日関東の脇を台風が過ぎた影響もあり、台風一過の空。しかしその空の色ももうすっかり秋を感じさせる色合いで、色で季節が分かるのも何か嫌になってきましたが(笑)、もうすぐ1年も終わりに近づきそうです。
残りは山形と穂高岳を登れれば、白馬岳についに今年も登れなかった悔しい思いは昇天するだろう、そんな気持ちで尾瀬・戸倉駐車場まで進みます。

焼きそばパン!

尾瀬ヶ原までは、戸倉駐車場から鳩待峠までタクシーまたはバスで行き、鳩待峠から1時間ほどで到着します。
今日は天気もよく、早速至仏山が綺麗に見えました。3年前の紅葉が見事な時に登ることができ、感動した記憶を思い出します。
今日は紅葉にもまだ早く、夏も終わりというまさに谷底のような状況の尾瀬、旬・いや時期違いの尾瀬というのを、味わってしまったようでした(笑)

とはいえ、綺麗なものは綺麗で、尾瀬ヶ原へ進むと、やはりとても広い沼地に圧倒されます。
5月末に来た方がいいなぁと完全に理解した上で、竜宮小屋まで進みます。

今日の昼食は焼きそばと焼きそばパンを作ろうというメンバーのご意見で、コンロや具材を背負っていき、
竜宮小屋のベンチでソースの良い匂いに食欲をそそられながら、尾瀬は来年ちゃんと良い時期に来ようと何度も反省した、私でした。。

焼きそば調理中!

豆から挽いたコーヒーや、メンバーから頂いた梨を頂き、短い時間の尾瀬の滞在もあっという間に終わりを迎えるのでした。

コーヒー美味しいです(^o^)

最近、矢沢永吉の「成り上がり」という本に今更出会い、6年ぶりに本で衝撃を受けています。さて、頑張ろうっと!

コメント投稿欄

*
*
* (公開されません)

Comment On Facebook